宅建試験で一番重要なのは問題集!

宅建の試験のテキストは、一般的な大学受験の教科書とはちょっと違います。
どこが違うのかと言うと、宅建などの資格試験用のテキストは、これまで出題されてきた試験問題を元に、出題傾向などを分析しながら編集されている点です。
このことを分かりやすくするために、大学受験に置き換えて考えてみると、「各大学別の入学試験の過去問題集である『赤本』を元に、高校の教科書が作られている」とでも言えるでしょうか。
すべては本試験の問題を基準として考えられているワケです。

そもそも、宅建の試験問題は(ほかの資格試験にも同様のことが言えますが)、過去10年間に出題された問題を再構成して出題されている場合が多いようです。
これは、毎年同じような問題を出題することによって試験のレベルを統一させ、合格率が極端に上下することを避けるためです。

ですから、資格試験の勉強の中心となるのは問題集(過去問)。
高校や大学受験のときのように、あらゆる知識を総合的に身につけるのが目的なのではなく、宅建試験に合格することだけが目的なのですから、ひたすら本試験に出題される問題が解けるように訓練すればよいのです。
少し極端な言い方かもしれませんが、過去10年分の過去問を何度も解いて、コンスタントに7~8割正解できるようになれば、テキストさえも必要なくなるかもしれません。

それだけ、宅建試験には問題集の繰り返し学習が必須です。
まずは、これまでの試験勉強への概念を覆し、過去問中心の学習スタイルに切り替えることから始めてください。