知名度も人気もトップクラス! あらゆる場面で使える国家資格

宅地建物取引主任者の資格は、土地や建物の取引・仲介などを行う業者(不動産業)で必須とされています。
事業所ごとに最低1人、大規模な事業所の場合は5人に1人の割合で有資格者を置かなければならないと定められているからです。

一部の企業では、宅建の資格を取得しただけで、資格手当てが支給されるところもあるそうですし、逆に不動産会社の中には、「この資格を持っていないと昇給すらできない…」という企業もあります。
それだけ、“持っていると評価される資格”ということなのでしょう。

宅建は、試験の受験者が毎年20万人近くにも上るという人気の資格でもあります。不動産の知識を有する人材というのは、どんな業種の企業であっても必要とされているもので、前述の不動産関係の会社だけではなく、金融関係の企業やそのほかの一般企業でも取得する人が増えているそうです。
就職や転職などに有利なので、ファイナンシャルプランナーやマンション管理士、社会保険労務士など、ほかの資格とのダブルライセンスを狙っている人も多いとか。
法律系の国家資格の入門といわれている資格ですから、「まずは宅建から…」と受験する人も、たくさんいるのかもしれませんね。

さらに、宅建の知識はビジネスに有利なだけではなく、自分自身の生活にも役立ちます。
土地や建物を売買した経験はなくとも、アパートやマンションの部屋を借りた経験なら誰しもあるはず。宅建の知識は賃貸契約にまで及んでいるので、お引越しをするたびに知識が役に立つのです。悪徳不動産業者にひっかからない知恵も身につきます。