宅建の勉強法で迷っているあなたへ

不動産業界を初め、住宅メーカーや金融業などでも取得が勧められている、もっともポピュラーな国家資格、宅地建物取引主任者(通称“宅建”)。
宅建の知識は、不動産売買や仲介、賃貸契約に関することにまで渡っていますので、ビジネスはもとより、日常生活でも役立つこと間違いなし!
取得しておいて損はない資格ですね。

しかし、宅建は不動産に関する法律についての知識を身につけなければならず、法律に触れたことのない初心者にとっては、ちょっと敷居が高く感じられるもの…。
職場で上司などから取得を勧められているが、なかなか試験に合格できない…と焦っている方も多いかもしれませんね。
そんな方は、もしかしたら勉強法が間違っているのかも?
難解な専門用語や独特の言い回しに苦戦する法律系資格の勉強には、ちょっとしたコツや工夫が必要なのです。

そこで、法律を学ぶのは初めてという初心者さん向けに、効果的な勉強法を伝授するサイトをオープンしました。
宅建を皮切りに、法律系国家資格をいくつか取得した経験のある管理人が、宅建試験を確実にクリアできる勉強法をレクチャーします。
効率よく合格できる方法を身につけて、宅建試験合格を確実なものにしましょう!